iphoneとスマホの普及~買取で思い出の携帯電話とバイバイ~

File management systems

着メロの歴史

これまでの着メロの歴史

management systems

着メロがスタートしたのは1996年になります。ドコモが着メロ機能付き携帯電話を発売していました。当初は携帯電話にあらかじめセットされたもののみを利用できるだけのものでした。1998年にはデジタルホングループという現在のソフトバンクに当たる会社が配信サービスを始めました。その後1999年にドコモのiモードで着メロが配信サービスが開始しました。 着メロサービスはどんどん多くのユーザーに浸透していきました。またその後2002年には着うたがauから配信されました。単に電子音だったものがメロディとなって、そしてさらには歌まで流すことができるようになりました。 またダウンロードする前には、自分で手打ちでメロディを作成することが主流でした。ガイドブックも飛ぶように売れ、そうして着メロはどんどん普及していきました。

スマートフォンの普及による変化

これまでガラパゴスケータイの場合は多くの人が着メロや着うたを使って着信を変えていました。しかしiPhoneやAndroidの普及によって着信音を変えない人が増えてきていました。実際にiPhoneでは以前までは着信音を変えることができませんでした。 好きな人の着信音だけ特別な着メロにするなどは最近ではあまり聞かなくなりました。しかし着メロの文化が終わったわけではありません。着信音を変えることができることを多くの人が知らないのです。 これまでは標準のツールに着メロがありました。しかしスマホになって自身でアプリを入れたりカスタマイズをしていくようになり標準では出てこなくなりました。 しかしこれからまた再注目される機会があるはずです。設定できることを多くの方が知らないだけなのです。アプリをいれることで設定することができる場合もあり、一手間かかってしまいます。けれど今までと同様に一人一人に異なる曲を流すこともできます。このことが多くの人に知られた時、また着メロブームがくるかもしれません。

Copyright © 2015 iphoneとスマホの普及~買取で思い出の携帯電話とバイバイ~ All Rights Reserved.